福岡県のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(スタッフによるクルマ紹介)

★アリーナ八幡中央 ルート3ブログ★

2016.01.16

新型アルトワークスは紛れもなく「ワークス」でした!

車種名 アルト ワークス

私の顔を見るたびに

 

「ワークスはまだですか?ワークスはまだですか?」と聞いてきた

 

サービスの安藤君に新型アルトワークスを試乗してもらいました。

 

 

  DSC_3222

 

安藤のワークスに対する期待値が高かっただけに

 

どんな感想を述べるか心配しておりましたが

 

満足しておるようです。

 

DSC_3212

 

安藤:まずエンジンですが

 

鬼のようなトルクがありますね!

 

旧規格時代のような軽い車重(2WDで670Kg)と相まって

 

出足からドン!と加速する楽しさは相当なものです。

 

K6Aエンジンを搭載した先代アルトワークスは

 

高回転型エンジンを搭載した車でしたが

 

今回のワークスは低回転からトルクフルで

 

出足からグイグイ出ていきます!

 

ターボのかかりも先代ワークスのようにターボラグのあるドッカンターボではなく

 

ターボラグの少ない今どきのターボエンジンに仕上がっています!

 

新型アルトワークスはアクセルを踏んだら踏んだだけ加速する印象です。

 

まるで排気量の大きな自然吸気エンジンを積んでいるような感覚です。

 

それと、エンジン回転を落としてもダルさがないのがうれしいですね!

 

トルク重視の新型エンジンを積んだ新型アルトワークスも以前と変わらず

 

戦闘力は高いと思います。

 

DSC_3220

 

アルトターボRSの足回りは引き締まったよい感じの堅さがありましたが。

 

アルトワークスの足回りはさらにかっちりしています。

 

RSよりもワークスのほうがホイールの幅が広くなっています。

 

同じタイヤサイズでもホイールの幅が広いほうが

 

接地面も広くなり、安定性が増します。

 

車重は軽いのですがボディ剛性もしっかりしており

 

接地面も広いためガッシリとした大きな安定性のある走りができるわけですね。

 

DSC_3226

 

 純正の状態でかなりのショートストロークのシフトを採用しています。

 

気持ちよくギアを切り替えることができます。

 

ステアフィールはスポーティーにあえて重めに調整されていますね。

 

 

安藤:いや~、これは楽しい車ですよ!

 

このHA36Sアルトワークスは紛れもなくワークスです!!

 

最後に一言、贅沢をいうならLSDのオプション設定が欲しかったです(笑)

 

 

 

更新者:古井

 

posted by スズキアリーナ八幡中央 / 八幡中古車センター  | 2016年1月16日
店舗情報へもどる